ソーシャルレンディングの元本割れ | 始める前に知っておきたいソーシャルレンディングのリスク

ソーシャルレンディングの元本割れ

HOME » 初めてのソーシャルレンディング » ソーシャルレンディングの元本割れ

資金運用の話題でリスクといえば具体的には元本割れのことです。
あらゆる金融商品や投資家が最も避けたいのが元本割れです。
ソーシャルレンディングは比較的リスクの少ない投資方法だとは言われていますが、それでも、元本割れのリスクが全くないとは言えません。
海外のソーシャルレンディングでは、ポツポツ元本割れ事例も発生しているようです。
ソーシャルレンディングで元本割れが発生する原因とはなんでしょうか?

一番考えられる可能性は融資先の業績不振です。
予定通りに利益が出ない場合には返済が滞ります。
すると投資金額の元本割れのリスクが高まります。
返済が止まってしまえばそのまま、元本を無くしてしまう恐れさえあります。

ただ、貸し倒れや返済遅れなどということは融資事業には関らずといい程よく起こることです。
ある程度のことは折り込んで利益計算されているのが普通です。
こういった場合、ソーシャルレンディング会社は融資をしたのですから、返済を受ける権利があります。
ところが、投資は利益の配当を受ける立場であって利益がなければもらうものはないし、損失が出れば、投資したお金が減ってしまうのは、いわば当然です。

もう一つ考えられるのが、ソーシャルレンディング事業者の業績不振です。
本来、個人投資家から集めたお金を中小企業に貸し付ける仕事ですから、リスクも資金負担もないはずの事業です。
これで、業績不振に陥る原因の一つは貸付先の選択に問題がある場合です。
貸付先の審査基準が余程甘い、もしくは審査基準そのものに誤りがある場合貸し倒れが増えてソーシャルレンディング会社業績は悪化します。
また、ソーシャルレンディング事業者の内部で何らかの不正や運営ミスがある場合も業績不振に陥ってしまいます。
例えば、集めた資金を別の事業に流用したり、個人的に着服したりすることが考えられます。

日本のソーシャルレンディングの現状は比較的良好で今現在まだ貸し倒れの実績は確認されていないようです。
しかし、ソーシャルレンディングは、融資事業者への投資です。
そして融資事業には多かれ少なかれ、返済の前倒し、返済の遅延、貸し倒れが発生します。
ソーシャルレンディング事業者に実力がなければ、投資家が損失をこうむります。

ソーシャルレンディング事業者の選び方が重要だということが分かります。
コンプライアンスがしっかりしていること、融資にかかわる審査基準がしっかりしていることは非常によく言われることです。
また役員の経歴をよく調べることもよく言われます。