ソーシャルレンディングの注意点は? | 始める前に知っておきたいソーシャルレンディングのリスク

ソーシャルレンディングの注意点は?

HOME » 初めてのソーシャルレンディング » ソーシャルレンディングの注意点は?

ソーシャルレンディングに投資するときに最も気にするべき注意点は元本が保証されないという点です。
ソーシャルレンディングは安全だという思い込みだけではとても危険なのです。

ソーシャルレンディングで元本割れや元本がなくなってしまう原因は二つあります。
一つは融資先が業績不振で貸し倒れが起きるときです。
これを避けるためには、慎重に案件を選ぶ必要があります。
案件選びの際の注意点は、ハイリスクハイリターンの原則を忘れないことです。
あらゆる投資は、ハイリスクハイリターンです。
利回りのいい商品には高いリスクが付きまとうという現実を忘れてはいけません。

リスクを回避する要件として担保の有無が問題になります。
担保はないよりはある方がよいのですが、担保があるから安心ということも断言はできません。
担保の価値はあくまでも担保を買う人に決定権があります。
担保は往々にして買いたたかれるということも事実です。
評価額よりも安くでしか売れなければ損失を全面的に補てんすることはできません。
むしろ、担保を出してまで高金利で借りたい企業とはどんな企業なのか、どのような事業資金に使われる予定なのか注目するべきではないでしょうか?

また、ソーシャルレンディング事業者の業績不振も元本割れの要因です。
普通に考えて、融資内容が良質であればソーシャルレンディングに業績不振は起きようがありません。
ソーシャルレンディング事業者は、投資された資金を貸すのですから、本来は自分の資金繰りが悪くなり様がないのです。
それでも業績不振に陥るようであれば内部的な不正や大きなミスがある時です。
事業者を選ぶときには、その親会社や提携会社、株主などがコンプライアンスに敏感な企業であることを重視しましょう。
一般的に株式上場をしていれば、相応のコンプライアンス認識があると考えてよいでしょう。
また、金融に慣れた企業の子会社や提携会社なら融資先の選定に関してもノウハウを持っているはずです。
コンプライアンスやノウハウを受け継いでいるタイプの事業者がおすすめです。

案件にしても事業者にしても、どの条件を持っているから絶対安全ということはありません。
あらゆる投資活動で、最も注意するべき点はリスクが分散できているかどうかです。
分散するにはある程度の資金が必要になってきます。
ところがソーシャルレンディングは契約期間中は資金を拘束されるという特徴があります。
そのため、あくまで余剰金で投資するということも大きな注意点の一つです。