初めてのソーシャルレンディング Archives | 始める前に知っておきたいソーシャルレンディングのリスク

初めてのソーシャルレンディング

HOME » 初めてのソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングのポイントは?

ソーシャルレンディングを始めるときに絶対外せないポイントが分散投資の必要性です。
ソーシャルレンディング事業者に関しても案件に関しても分散した方がリスクも分散できます。
普通に考えれば、事業者を複数にしてしまえば案件はおのずから分かれてきます。
ここで気を付けたいのが、違う事業者の案件でも、融資先が同じ場合があるということです。
数社の事業者を利用していても似たタイプの案件ばかりを拾っていては結果的に融資先が同じだということはあり得ます。
これではリスクを分散したことにはなりません。
ソーシャルレンディングのポイントは? の続きを読む

ソーシャルレンディングのメリットは?

ソーシャルレンディングで最も目立つメリットは利回りの高さです。
銀行に置いていれば定期預金でも0.1%にも満たないこの時代に平均で8%程度、高いものなら10%というものもあります。
外貨預金でも、最も高いレベルで、0.4%程度です。
ソーシャルレンディングの利回りは投資信託や国債などの金融商品よりも高いものです。
ソーシャルレンディングのメリットは? の続きを読む

ソーシャルレンディング期間中の引き出し

ソーシャルレンディングの大きな特徴の一つが、案件の契約期間中は資金の引き出しができないということです。
そのため、その期間中は絶対に使う予定のない資金を充てなければなりません。
余剰資金がない場合には、ソーシャルレンディングは取り組みにくい投資方法です。
このような難しいルールはなぜ必要なのでしょうか?
ソーシャルレンディング期間中の引き出し の続きを読む

ソーシャルレンディングの利回り

ソーシャルレンディングが脚光を浴びている大きな理由は高利回りなところです。
投資信託などと違って市場価格の変動といったリスクがありません。
市場で売買される金融商品の場合、常に市場価格に目を光らせて、売り時を逃さないよう神経をとがらせなければなりません。
しかし、ソーシャルレンディングは、投資申し込みを済ませたら後は期間の満了を待つだけです。
投資家は、都度報告書に目を通しながら経過を見守るだけです。
見通しさえ謝らなければ手間いらずの投資でもあります。
ソーシャルレンディングの利回り の続きを読む

ソーシャルレンディングの貸し倒れ

ソーシャルレンディングにかかわらず、銀行などでも、融資にかかわる事業の損失で最も多いのが貸し倒れです。
融資なので、融資先が倒産しても債権は残ります。
ものすごく運が良ければ、管財人から何らかの返済があるかもしれません。
でも現実的には、それを払えるぐらいなら倒産はしないのです。
ソーシャルレンディングの貸し倒れ の続きを読む

ソーシャルレンディングの元本割れ

資金運用の話題でリスクといえば具体的には元本割れのことです。
あらゆる金融商品や投資家が最も避けたいのが元本割れです。
ソーシャルレンディングは比較的リスクの少ない投資方法だとは言われていますが、それでも、元本割れのリスクが全くないとは言えません。
海外のソーシャルレンディングでは、ポツポツ元本割れ事例も発生しているようです。
ソーシャルレンディングで元本割れが発生する原因とはなんでしょうか?
ソーシャルレンディングの元本割れ の続きを読む

ソーシャルレンディングと入金手数料

ソーシャルレンディングを始めるときには、ソーシャルレンディング事業者に投資者として登録をします。
登録を済ませたら、興味のある案件を探して投資申し込みをします。
投資申し込みを済ませると、投資資金の入金期限が提示されます。
たいていは、申し込み後3日後程度に入金期限が設定されています。
この期限までに、入金しない場合には投資申し込みは自動的にキャンセルされてしまいます。
ソーシャルレンディングと入金手数料 の続きを読む

ソーシャルレンディングの始め方

ソーシャルレンディングに魅力を感じて、初めて見ようと思っても、今日、明日すぐにとはいきません。
まずは、ソーシャルレンディング事業者に投資者登録をしていなければ取引を開始することはできません。
投資者登録は申し込みから5日程度かかります。
ソーシャルレンディングの始め方 の続きを読む